TABICHUについて

「セブではジンベエザメと一緒に泳げるって本当?」
「イワシの大群やウミガメも見てみたい!」
「綺麗なビーチで日常を忘れてのんびり過ごしたい。。。」

セブはこんな願いを叶えることができる素敵な場所です。でも、実際にツアーに参加しようとすると、

「うーん、結構高いな。。。」
「航空券やホテルでも結構お金かかっちゃってるし。。。」
「自力で行こうかな。でも海外だから治安とか色々心配だな。。。」

こんな声が聞こえてきます。僕たちも実際にそうでした。
僕たちはセブに語学留学していたので、留学期間中にフィリピン人の友達がたくさんできて、

「ジンベエザメと泳いでみたいの? それなら友達がバンを持っているから連れて行ってあげるよ。」
「昔ツアーガイドをしていたから、セブのおもしろい場所を案内してあげるよ。」

とフィリピン人の友達が色んな手助けをしてくれて、素敵なセブのスポットを楽しむことができました。

こんな素敵な場所があるのに、「行き方がわからなくて不安、ツアーの値段が高い。」という理由で、
セブの魅力を知らずに日本に帰ってしまう人が多いのは本当にもったいない!

そんな風に思っていた時に当時語学学校の先生だったエイドリアル(現TABICHU TRAVEL代表)が、僕たちを誘ってくれたのをきっかけに結成されたのがTABICHU TRAVEL(タビチュートラベル)です。

フィリピン人は家族思いで陽気で良くも悪くも楽観的で、本当に人生を楽しんでいる人が多いです。

「そんなフィリピン人の人生観を感じて欲しい」
「もっと気軽に格安に、フィリピン人の友達と行くような感覚のツアーがあったらいいんじゃないか」
「自分たちならどんなツアーに参加したいか」

そんなことを本気で考えながら、日々活動しています。

TABICHU TRAVELとの出会いで、フィリピン人のことを、セブのことを好きになってくれる人が一人でも増えたら嬉しいです。

スタッフ紹介

【エイドリアル】

TABICHU TRAVEL代表。セブの観光事情を何でも把握している仕事人。ツアーガイド→語学学校の先生。実家はレチョン(セブの名物料理)レストラン。彼女のことが大好きでいつも一緒にいます。
【木村祐太】

以前は普通のどこにでもいるような日本のサラリーマン。新卒で入社した会社で特に問題もなく4年半務めるが、不意に「もっとワクワクするような人生を送りたい」と退社して世界一周を決意。しかし、1カ国目のフィリピン・セブでの様々な人達との縁からセブに住むことに。
【カンゴ】

旅中に出会った大阪のおばちゃんから語学留学を勧められ、セブ島行きを決意した20代後半の男。
【ハリー】

バン会社社長&ドライバー。TABICHU TRAVELのバン手配&運転をお願いしています。とてもフレンドリーで愛情深く、みんなのパパ的存在。最近、孫が生まれてベタ惚れです。
【カリーナ】

英語ガイド。イワシやウミガメが有名なモアルボアル出身。いつか日本に行きたいという夢を持っていて、日本語を勉強中。3人兄弟の末っ子。とても面倒見がよく、ガイドしたお客さんの名前をずっと覚えています。

Copyright© TABICHU TRAVEL , 2019 All Rights Reserved.