グルメ

セブ在住者がおすすめする!絶対食べたいフィリピン名物料理7選

南国の魅力といえばビーチですが、ここでしか味わえない現地の名物料理も海外旅行の楽しみのひとつです。

日本にはあまり馴染みのないフィリピン名物料理ですが、意外にも日本人の味覚にあった料理が豊富にあります。

食材は鳥や牛、豚の肉や魚介を食材として使っている料理が多く、主食は日本と同じくお米です。

味付けの調味料も塩、醤油、唐辛子、胡椒など日本でよく使われているものなので、きっと美味しく感じるはずですよ。

セブ在住歴1年の私が選ぶ、ぜひ食べて欲しいフィリピン名物料理7選をご紹介いたします。

フィリピン料理の特徴

フィリピンでは昔、豚や魚介類はもちろんのこと、犬の肉や爬虫類の食材を使った料理がありました。

その文化の名残で、今も肉と魚介を用いた料理が多いです。調理方法は、揚げ、焼き、煮込み、茹で、などです。

味付けの特徴としては、酸味や塩見、甘味が効いたものが多いです。辛い料理はあまり見かけないですね。

セブ在住者が選ぶフィリピン名物料理7選

1.シシグ

まずはフィリピンといえばコレ、シシグです!

フィリピン料理といえばシシグ、という代表的な料理定番です。定番メニューと言っても過言ではありません。

シシグは豚肉のほほ肉を細かく刻んで、にんにくやオニオン、卵、唐辛子、と絡めて醤油で炒めたものです。

輪切りの青ネギが振りかけられていることが多いですね。

少し辛めで脂っこいですが、濃いめの味付けなのでご飯やビールとの相性は抜群ですよ。

2.レチョン

レチョンは豚の丸焼きで、よく祝い事のときに出されることが多いです。豚の内蔵を取り除き、香草を詰めてあります。

豚の形そのままに焼かれているので、見た目のインパクトはレチョンという可愛い名前に反して実に豪快!

食べる際には小さく切り分けられるのでご安心を。「そのままかぶり付きたい!」という野生感溢れる方々はご自由にどうぞ。

炭火でゆっくり焼き上げられているので、外はこんがり、内はジューシーです。脂っこさもありません。

セブでは甘めのソースがかけられていることが多いですね。ご飯との相性もいいです。

冷めないうちに食べましょう。

3.シニガン

Renandaさん(@renanda3535)がシェアした投稿 -

シニガンは肉や野菜、エビなどの魚介類がごっそり入ったスープです。二日酔いのときに食べると身体中に元気エキスが染み渡ります。

ただ、ちょっと酸味が強いので好き嫌いが分かれるかもしれません。そのまま食べてもいいですが、地元の人はご飯にスープをかけながら食べていることが多いです。

基本的には豚、鮭、エビが入っていますが、中の具材はレストランやお店によってまちまちです。シニガンを頼めばその店の味付けのベースを知れるかも?

4.ルンピア

meさん(@meeeii13)がシェアした投稿 -

日本で言うところの春巻きですね。豚肉や野菜を包んで揚げたものです。

ストリートに展開している屋台でもよく見かけます。揚げたてのルンピアはサクサクホクホクですよ。

食べやすいようにスティック状になっており、食べ歩きにももってこいのローカルフードです。日本の春巻きよりも少し小さめ。

味付けはお店によって違いますが、主にチリソースをかけて食べる場合が多いですね。

5.パンシットカントン

Asakawa Takeshiさん(@dmwajpf)がシェアした投稿 -

豚肉と魚介、人参、ピーマン、キャベツ、オニオン、ガーリックなどを麺と一緒に絡めた名物料理です。

見た目は焼きそばに近い料理です。味付けはソースではなく醤油ベース。あとはナンプラー、塩、胡椒などを使ってます。

ちなみに「パンシット」は麺を意味していて、「カントン」は中国の広東省が語源です。まさにフィリピン流中華風焼きそばといったところ。

6.ギサドンアンパラヤ

ほぼ毎日食べていると言っても大げさではない、ギサドンアンパラヤ。

日本で言うところのゴーヤチャンプルですね。ゴーヤを炒めたフィリピン料理です。

お店によって味付けは変わるものの、フィリピンのゴーヤは特に美味しいのでぜひ試してみてください。

以前までゴーヤが苦手だった私でも、今ではすっかり大好物の料理です。少々苦味はあるものの、あっさりしていて健康にも良さそう。

7.バロット

これを料理と言っていいのかわかりませんが、せっかくなので紹介します。

作り方は簡単。孵化直前のアヒルの卵を茹でるだけ。露店で1つ10-20ペソぐらいで売ってます。

中身はひよこの成長度合いによっても変わって来ますが、半分ぐらいはヒナです。あと半分はスープ的な何か的な。

味付けは塩やライム果汁、ビネガーなどお好みで選べます。フィリピンでは滋養強壮に良いとされており、夜になると複数個食べてる現地人もよく見かけます。

「見た目でアウト!」な人もいらっしゃるとは思いますが、話のネタにもなるのでぜひ挑戦してみてください。

まとめ

ものによっては好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私の感覚的には日本に割と近い味付けなのかな、という印象です。

現地の人は手で食べてることもありますが、ちゃんとスプーンとフォークがあるので安心してください。

ぜひ自分のお気に入りのフィリピン名物料理を探してみてくださいね。

-グルメ

Copyright© TABICHU TRAVEL , 2019 All Rights Reserved.