グルメ

セブ在住者がおすすめ!フィリピンで絶対食べたい定番スイーツ5選

更新日:

フィリピンには「ミリエンダ」と呼ばれるおやつタイム文化があります。語源はスペインのメリエンダから来ているとか。

そのため、この国は美味しいスイーツで溢れています。大きく分けてスペインから伝わった洋菓子風なもの、東南アジアのスイーツの2タイプが主流。

小麦粉と乳製品を主な原料とする洋菓子に対し、東南アジアのスイーツはお米やタピオカ粉、ココナッツミルクを多く使ったものが多いです。

本記事ではセブ在住歴1年となる私が、フィリピン・セブ島で絶対食べて欲しいおすすめスイーツ5選を紹介していきます。

1.ハロハロ

タガログ語で「ごちゃまぜ」を意味するハロハロ。フィリピンで定番のデザートといえばこれが真っ先に挙げられます。

紫芋のアイスやゼリー、フルーツ、タピオカ、ナタデココ、コーンフレーク、豆などを乗せた豪快な欲張りスイーツ。

街のレストランやファーストフード店でも食べられます。お店によって具材が変わっていて、まさにバリエーションは無限大!

マンゴーが入っているものは人気が高いですね。常夏の島で火照った身体をハロハロでひんやり冷やしてみてはいかがでしょう?

2.ブコパイ

ブコはココナッツという意味で、ブコパイはその名の通りココナッツの果汁がたっぷりのスイーツパイです。

サクサクのパイ生地、スライスされた柔らかなココナッツの果肉、そして極め付けのカスタードクリーム……。

ふわりと漂う甘い香りは、優しく食欲をそそりますよ。味も日本人好みなのでぜひ見かけた際は食べてみてくださいね!

3.スーマン

屋台でよく見かける、スーマン。餅米を蒸して、ココナッツミルクと砂糖で味つけしてあります。

ココナッツの葉やバナナの葉に包まれており、見た目はちまきのような感じです。

控えめでほのかな甘みがたまらない一品。ちょっと小腹が空いたときにぴったりです。

4.タホ

TryLocalPHさん(@trylocalph)がシェアした投稿 -

疲れているときにするっと食べたい、タホ。温かい豆腐とタピオカの上から黒いシロップをかけたスイーツです。

豆腐と蜜の甘みが美味しいです。安くてヘルシーなので地元では朝食やおやつとして定番になっています。

タホ売りの人が路上を「タホー!」と言いながら売り歩いているので見つけやすさもお手軽です。

5.キャッサバケーキ

タピオカの原料となっているキャッサバをすりおろし、ココナッツミルクやバター、砂糖などをミックスして焼き上げた一品。

ケーキというよりかはモチモチした食感が特徴です。イメージとしては餅菓子のようなものでしょうか。

細かく散らされたココナッツの果肉もザクザクしていて美味しいです。

まとめ

路上で販売していることも多いフィリピンスイーツ。

「甘いものが食べたい!」

そんなときはぜひ今回ご紹介した定番スイーツを探してみてくださいね。

-グルメ

Copyright© TABICHU TRAVEL , 2019 All Rights Reserved.