観光スポット

【まとめ】セブ島で人気の観光スポットカワサン滝ツアーを徹底解説!

更新日:

こんにちは。2017年からセブに移住し、ガイドとして何度もカワサン滝を訪れているTABICHU TRAVELの井野宮です。

今回ご紹介する人気観光スポットは、フィリピン・セブ島の南西部にある「カワサン滝(Kawasan Falls)」。

セブ最大の滝壺を持ち、透き通ったエメラルドグリーン色の水が見られるこの場所は、迫力満点のアクティビティ体験ができることでも有名です。

世界各国からたくさんの観光客が訪れており、一年を通していつも賑わっています。

「カワサン滝はなにができるの?」
「ツアー会社はどう選んだらいいの?」

そういった疑問にお答えするために、本記事ではカワサン滝の魅力や注意点、楽しみ方をまとめています。さぁ、あなたも滝の上からダイブ、ダイブ!

人気観光スポットカワサン滝の3つの魅力とは?

カワサン滝は、セブ島南西部に位置する三層に別れた滝の総称です。「世界の美しい滝」の1つとしても取り上げられており、人気の高い観光地としても有名です。

近年ビーチリゾートとして注目を受けている「モアルボアル」やジンベイザメと一緒に泳げるオスロブからも近いので、モアルボアルやオスロブとカワサン滝をセットで観光する方も多いですね。

ではそんなカワサン滝の魅力を、3つに分けて見ていきましょう。

1.エメラルドグリーン色にきらめく透明度抜群の水

カワサン滝の魅力といえば、やっぱりなんと言ってもエメラルドグリーン色にきらめく透明度抜群の水です。

もちろんメインの見せ場は滝から流れ落ちる水ですが、ここの色濃い青さを持つ水はまさに圧巻。鮮やか、かつ神秘的な輝きを放つ水は見る者を魅了すること間違いなし。

ではなぜ、ここまで透き通ったエメラルドグリーン色の水ができあがっているのでしょうか?

それはズバリ、カワサン滝の水は山から流れ込む純粋な流水によってできているから!

だからこそここまで、透明度が高く、冷たく透き通った美しい景色が広がっているんですね。

滝壺までの道沿いに流れる川も透明度抜群で、非常に美しいです◎

2.マイナスイオンで癒し効果!自然の豊かさが魅力

カワサン滝の敷地はかなり広く、滝壺があるメインの滝まで15分ほど川沿いを歩いていかなければなりません。

実は、この草木が生い茂った道こそがまさしくマイナスイオンを感じられるとても心地よいスポットなのです。

川のせせらぎと蒼く美しい木々から溢れる自然の優しさなパワーが溢れるスポットは、セブの中でも貴重なスポットと言えるでしょう。

3.最大11mの崖からダイブ!?滝行体験!?迫力満点のアクティビティ!

そう、カワサン滝の最大の魅力といえば、なんと言っても迫力満点のアクティビティ!

「滝でなにすんねん」とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、ここ「カワサン滝」はセブにある滝の中でも珍しい体験型観光スポットなのです。

最大11mの高さの崖から川へ向かってダイブをしたり、イカダボートで滝壺の下まで移動して滝行ができたりと、日本ではできないアクティブな遊びができます。

私はここで楽しみすぎて、カメラを破損し、肋骨を痛めました。みなさんも怪我やトラブルにはお気をつけくださいね。

周辺のおすすめスポット

1.オスロブ(ジンベイザメ)

なんと、ここではジンベイザメと一緒に泳ぐことができます。

主なエサはプランクトンのほか、小魚や海藻などで、人に危害を加えることはありません

これまでオスロブでは、一度もジンベイザメによる事故は起きていないので安心してよいでしょう。

午前中はオスロブでジンベイザメウォッチング、そのあとカワサン滝へ、という楽しみ方をされる方もいらっしゃいます。

ただカワサン滝で、キャニオリング(川下り)をする場合はかなり体力を消耗するので、ご注意ください。

2.モアルボアル

モアルボアルでは、イワシの大群(サーディンラン)を見ることができたり、高確率でウミガメと出会うことができます。

ビール片手にホワイトビーチでゆったりと過ごすのもいいですね。

私は午前中、モアルボアルに行き、そのあとカワサン滝のキャニオリングに行ったことがあるのですが、正直かなりしんどかったです…。

体力に自身のない方や、お子様連れの方は日にちをズラしたほうが無難かもしれません。

アイランドホッピングとの合わせ技は?

「アイランドホッピングとカワサン滝、同じ日に行けるの?」

こんな質問をされたことがありますが、正直に言って、かなり無謀です。

アイランドホッピングは空港のあるマクタン島、カワサン滝があるのは、そこから3〜4時間かかる場所に位置しています。

往復だけでも8時間ほどかかってしまいますし、アイランドホッピングは午前中に行くことが多いです。

そこからカワサン滝に行けたとしても、おそらく水温がとても低いですし、ツアー自体がない場合もあります。

カワサン滝と組み合わせるなら、オスロブかモアルボアルが挙げられるでしょう。

カワサン滝を満喫するならツアーの利用が便利です

カワサン滝へは自力でも行くことができますが、特に時間の限られた旅行の場合にはツアーを利用するのが便利です。

安全かつ、体力をベストな状態で観光を楽しむことができるので、自力で言った場合に比べ疲労感が断然ちがいます。次の日にも全力でセブ島観光を楽しむことができますよ。

宿泊先のホテルまで往復送迎はもちろん、日本語ガイドも一緒についていくので地元の公共交通機関を利用するよりも安心感があります。泳ぎ疲れたあとはバンの中でゆったりとお休みください。

カワサン滝ツアーの1日スケジュールと料金

ツアーを利用してカワサン滝へ行く場合、以下の通りのようなスケジュールで行います。

今回はカワサン滝のみのツアーを例に取り上げてみましょう。

06:00  ホテルへお迎え

09:00  カワサン滝到着

09:30  キャニオリング開始

13:00  ランチ

14:00  カワサン滝出発

18:00  ホテル到着

TABICHU TRAVELでは、カワサン滝キャニオリングツアーをお一人様12,500円〜という格安のお値段でご提供しています。

他にも、オスロブ&カワサン滝ツアー、モアルボアル&カワサン滝ツアーもご用意しておりますので、ぜひこちらから詳細をご覧ください。

イワシの大群とウミガメで有名なモアルボアルとも近いので、こちらのツアーと組む観光客の方も数多くいらっしゃいます。



カワサン滝に持っていくべき持ち物まとめ

あまりに多くの荷物を持って行っても大変なので、必要最低限のものだけに留めましょう。

  • 水着(あらかじめ服の中に着ていくと◎)
  • 着替え
  • 日焼け止め
  • 長袖のシャツ(乗車時のエアコン対策)
  • タオル
  • 歩きやすいサンダル
  • 防水カメラ or スマホ用の防水ケース

水から上がったあとは特に体の体温が低下します。風邪を引かないためにも、タオルと上着は忘れずに持っていきましょう

滝壺まで川沿いを歩くことになるので、歩きやすく滑りにくいサンダルを履いていくのがベストです。動きやすい服装だとなお◯です。間違ってもヒールで来ちゃダメですよ。

あと「虫除けスプレー」と「日焼け止め」があればさらに安心です。セブの日差しは思っているよりも強いです。

水の中にいても人は紫外線を受けますので、天候が曇りでもサングラスや日焼け止めは用意しておくといいですね。

ツアーの種類と選び方

「ツアーに参加したいと思うけど、ツアー会社がたくさんありすぎて調べるのが大変・・・。」
「ツアー会社ごとにどんな違いがあるのか、ツアーを見比べる時のポイントを知りたい。」

ネットで調べるとたくさんのカワサン滝が出てきて、何がなんだかわからなくなってしまいますよね。

途中で調べるのが面倒になって、検索で上の方に出てきたツアーに決めたけれど、実は内容が他と同じなのに割高だったなんてことも・・・。

ここではカワサン滝を選ぶ際のチェック項目を紹介します。

具体的にはガイド、食事、水中カメラレンタル、セットで行く場所です。
順番に見ていきましょう。

ガイドは日本人か?フィリピン人か?

ツアー会社によってガイドが日本人の所もあれば、フィリピン人の所もあります。一般的には日本人ガイドのツアーの方が価格が高いです。フィリピン人ガイドの中でも日本語が話せるガイドと英語ガイドに分かれるのでチェックが必要です。

フィリピン人ガイドの日本語レベルはそのガイドによって変わるので、不安な方はどの程度の日本語レベルかツアー会社に問い合わせてみましょう。

食事はついているか?

ツアー会社によって、朝食や昼食が含まれている所と含まれていない所があります。含まれていない場合でもレストランまでは連れて行ってくれるので、自分で食べたいものをオーダーしましょう。

水中カメラレンタルは無料か?

ツアー会社によって、GoProなどの水中カメラが無料でレンタルできる所とオプションで有料レンタルの所があります。

カワサン滝のほかにセットになっている場所は?

そのツアーがカワサン滝の他にどの場所とセットになっているか確認しましょう。だいたいのツアーはオスロブやモアルボアルのどれかとセットになっています。

また帰りのバンの降車地は、ショッピングモールやマッサージなど好きな場所に降りられることが多いので、希望がある場合は事前にツアー会社に伝えておきましょう。

ツアーの申し込み方

「ツアーにはどのように申し込めばいいの?」
「日本で申し込んだ方がいいの?現地で直接申し込んだ方がいいの?」
「ツアー予約にはどのような方法があるの?」

ツアー比較でも紹介したように、たくさんのツアー会社がカワサン滝を提供しています。日本で申し込んでも、現地で申し込んでも基本的に値段は変わらないので、日本で申し込んでおきましょう。

ここでは実際の申し込み方法について触れていきます。

1.旅行代理店で申し込む

日本の旅行代理店から申し込む方法です。旅行代理店で予約するメリットは店舗で直接スタッフと話し合って日程を決められることです。直接いろいろなことを質問して不安を解消できますね。

旅行代理店で予約する場合は航空券やホテルなども一緒になっていると思うので、スケジュールが立てやすいという点もメリットです。

ただし実際に、ツアーを催行するのは現地のツアー会社なので、どのような会社か確認しておくといいでしょう。代理店を通さず、直接現地ツアー会社で予約する方が安い場合も多いです。

2.ツアー比較サイトから申し込む

「VELTRA」や「トラベルコ」などのツアー比較サイトから申し込む方法もあります。掲載されているツアーに参加する前に実際のツアー催行会社を確認しましょう。

その現地ツアー会社の自社ホームページから予約できる場合は、直接現地ツアー会社のサイトから予約しましょう。中間手数料をカットすることができます。

3.現地ツアー会社のホームページから直接申し込む

これが一番最安値の方法です。ただしいろいろな現地ツアー会社があるので見極めが必要です。日系なのか中国系なのか、フィリピン系なのかでサービスや予約対応言語が変わってきます。

英語ができる人は、「kawasan falls tour」などと調べてフィリピンの現地ツアー会社で予約できると一番安上がりです。

4.宿泊先に手配依頼

ホテルによってはツアー会社と提携してカワサン滝ツアーを提供している所もあります。金額は多少張りますが、安心と快適さを選ぶという点ではありだと思います。事前にホテルに確認してみましょう。

よくある質問

カワサン滝ツアー参加するにあたり、よくある具体的な質問をまとめました。

Q.子連れでも参加できるの?

カワサン滝自体は、小さなお子様でも入ることができます。滝からのダイブやキャニオリングは危険を伴うこともあるので、ここは注意点が必要です。

高さ最高11mの滝からの飛び込みでは、ごく稀に怪我をする方もいらっしゃいますので、あまりに小さなお子様ですと危険かと思われます。

そういった場合は、景色を見てのんびりと過ごしたり、滝前の湖でスイミングを楽しむとよいでしょう。

泳げないけれど大丈夫?

ライフジャケットの着用が義務付けられておりますし、現地のガイドも見張っていてくれています。

泳げない方も、ぷかぷかと浮かんでいるだけで楽しめますよ。なにより、カワサン滝の周りは景色や自然が美しいので、それだけでも十分な価値があると言えるでしょう。

まとめ

迫力満点のアクティビティにトレッキング、マイナスイオン溢れる自然の豊かさ、透き通ったエメラルドグリーン色の水。

セブ島に訪れた際には、ぜひとも南国ならではの魅力がたっぷり詰まったカワサン滝に足を運んでみてください。

カワサン滝の近くにある人気のビーチリゾート「モアルボアル」についての詳細は以下の記事をご覧ください。

-観光スポット

Copyright© TABICHU TRAVEL , 2019 All Rights Reserved.