観光スポット

フィリピン・セブ島でサバゲー(Paintball)をしよう!


毎日、荒野行動というゲームをプレイしている私ですが、今回は現実で撃ち合いをしようとセブ島でサバイバルゲーム(Paintball)をできる場所を探してきましたので、ご紹介します。2018年4月22日現在。

Paintballとは

日本でいうサバイバルゲームです。使用するのは圧縮ガスを利用した銃で、小石サイズのペイントボールを撃ち合います

当たるとボールが弾け、ペイントされる仕組みです。至近距離で撃たれるとアザになるくらい痛いです。

Paintballができる場所

Paintball Urban War Zoneは以前J center mallにありましたが、現在、J center mallの店舗は休業しており、新しい場所に移転になっています。

↑まだ移転したばかりなので、グーグルマップに出てきません。Kampo Grill and Barというレストランの隣にあります。

会場もこれまでは屋内でしたが、新店舗では野外になっています。

予約方法

Facebookページに記載のある電話番号に電話して予約します。キャリアによって予約の電話番号が異なります。

・SUN : 09438057347
・GLOBE : 09950909062
・SMART : 09088879815

SMSのメッセージでやりとりを繰り返しながら予約を完了します。

日時、場所、人数、ゲーム数を確認されます。

私たちは事前に1000ペソのデポジットが必要だと言われましたが、現地の銀行への振り込み方がわからないと伝えると、デポジット無しでも大丈夫でした。

コースと料金

ゲーム数と料金は以下の通りです。

・150ペソ:弾23発、1ゲーム
・250ペソ:弾40発、3ゲーム
・350ペソ:弾60発、4ゲーム
・450ペソ:弾80発、5ゲーム
・500ペソ:弾100発、6ゲーム

1ゲーム約10分。
私たちは350ペソのコースを選びました。

思ったよりハードなので4ゲームくらいがちょうどいいと思います。

・相手チームのリーダーを殺すと勝ち
・相手のチームを全滅させると勝ち
・相手陣地のフラッグに触れると勝ち

以上のようなゲームがあります。

実際にプレイしてみた

まずは戦闘服に着替えます。

長袖の上着、防弾チョッキ、手袋、マスク、ニット帽が貸し出されます。

次にスタッフが銃の使い方や注意点を説明してくれます。

いざ戦闘!!

当たると痛いのでなかなかスリルがあります。

Paintballプレイ時の注意点

1.水は必須
→長袖長ズボンで野外プレイの為非常に暑いです。

2.汚れてもいい服装で
→地面が土なのとペイントボールで汚れる可能性があります。ペイントは洗ったら取れます。

3.長ズボンと靴は持参
→長袖の上着は貸してくれますが、長ズボンと靴の貸し出しはありません。弾が当たるととても痛いので長袖長ズボンは必須です。


↑至近距離で弾が当たるとこのようなアザができます。

まとめ

私たちが移転後初めての客だったようで、スタッフも気合いが入っていました。

他に客が来る様子はなかったので、一緒に行った人同士でプレイするのが基本のようです。8〜10人など人数が多い方が楽しめると思います

野外で暑いですが、スリル満点で良い運動にもなるので、普段とは違った週末の過ごし方としてサバゲーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

さらにスリルを味わいたい方は、クラウンリージェンシーホテルの絶叫アトラクションにも挑戦してみてください! 高さ38階の恐怖はここでしか味わえませんよ!!

セブ島のおすすめ市内観光スポットも紹介していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

【セブ島】海だけじゃない!?おすすめ市内観光スポット9選!

せっかくセブを訪れたなら、海やビーチだけではなくて、市内観光をしてセブの歴史や地元の人々の生活を感じるのもおすすめです。 今回はおすすめの市内観光スポットをご紹介します。観光だけではなくてお得にショッ ...

-観光スポット

Copyright© TABICHU TRAVEL , 2019 All Rights Reserved.