観光スポット

ジンベイザメとシュノーケリング!セブ島の人気No.1おすすめツアー


フィリピン・セブ島のNo.1人気アクティビティといえばジンベイザメウォッチングです。

セブ島の最南端に位置するオスロブは、世界で唯一ジンベイザメ(ジンベエザメ)の餌付けに成功している珍しい場所です。

野生のジンベイザメと泳ぐ貴重な体験ができるのは、ここオスロブだけということもあって非常に人気のアクティビティとなっています。

今回はそんなオスロブのジンベイザメツアーについて徹底解説します。

ジンベイザメツアーとは


ジンベイザメツアーでは船の上からジンベイザメを見るだけではなく、海に入って一緒に泳ぐことができます。

また、野生のジンベイザメとはいえ、餌付けに成功しているので99%の確率でジンベイザメと遭遇できるという点も魅力の一つです。

ジンベイザメが実際に見られるオスロブはセブ島の最南端に位置しており、中心地のセブシティから車で3〜4時間かかります。

自力でバスを利用して行く方法もありますが、バスの時間帯が読めないこと、到着が遅れるとジンベイザメを見ることができないこと(ジンベイザメが現れるのは午前中のみ)から、ツアーを利用して貸切のバンでオスロブへ向かうのが一般的です。

ツアーの選び方

ジンベイザメツアーは多くの旅行会社から提供されています。

オスロブへ行ってジンベイザメを見るという点ではどの旅行会社のツアーは同じですが、ツアーに含まれているものが異なりますので、ツアーを選ぶ際のチェック項目を以下に示します。

【チェック項目】
・シュノーケリングかダイビングか
・昼食は含まれているか
・移動手段は貸切バンか
・オスロブ以外の観光地(スミロン島やツマログ滝など)にも行くのか
・水中カメラなどの貸し出しはあるか
・日本語ガイドか

ツアーの値段目安

ツアーの料金はシュノーケリングかダイビングかで大きく異なります。ジンベエザメは餌を食べるため海面付近にいますので、個人的にはシュノーケリングで十分楽しめるのではないかと思います。

【値段目安】
・ダイビングの場合 9000〜12000ペソ程度
・シュノーケリングの場合 4000〜8000ペソ程度

TABICHU TRAVELではネット上で見つかるどのツアー会社よりも安い価格でジンベエザメツアーを提供しています。格安でジンベエザメツアーに参加したい方は要チェック!

当日のスケジュール


ジンベイザメツアーの基本的な流れをご紹介します。

AM4:00〜5:00 ホテル出発

ジンベイザメは午前中の早い時間にしか現れないため、早朝から出発します。オスロブまでは3〜4時間かかるので貸切バンでは仮眠を取ってもよいでしょう。

AM8:00〜9:00 オスロブ到着

ジンベイザメと一緒に泳ぐ前に注意事項等の説明があります。日本語の説明書もあるので英語がわからない方でも安心。

更衣室で水着に着替えることができますが、非常に混み合うので事前に水着を着ておくことをおすすめします。

AM9:00〜AM10:00 ジンベイザメと泳ぐ

目前のビーチから10人程度が乗れるボートに乗って、ジンベイザメのいるポイントへ移動します。ボートで5分くらいのすぐ近くにジンベイザメが集まっています。

ジンベイザメと泳ぐ時間は30分ときっちり決まっています。あまりのジンベイザメとの近さに驚くこと間違いなし!

AM10:00〜11:00 ブランチ

ジンベイザメのウォッチング場所にはいくつかのレストランがあり、海を目前に食事を楽しむことができます。

ギターを弾きながら歌を歌ってくれるウェイターがいるレストランもあります。

PM12:00〜PM1:00 オスロブ出発

ジンベイザメウォッチングだけで終わりの場合はここからホテルへ帰ります。スミロン島やツマログ滝にも行く場合にはここから移動になります。

スミロン島のビーチはセブ島屈指の綺麗さなので、オスロブへ来たなら是非セットで訪れてほしいスポットです。

PM5:00〜7:00 ホテル到着

オスロブだけだとPM5:00、スミロン島やツマログ滝も訪れるとPM7:00頃にセブシティに到着します。

持ち物

ここではジンベイザメツアーに必須の持ち物に加え、あったら便利な物も一緒にご紹介します。

【必須の持ち物】
・水着
・着替え
・タオル
・サンダル
【あったら便利な物】
・日焼け止め
→フィリピンの紫外線は日本の紫外線と比べ数倍強いです。(※オスロブでは水質保護のため、日焼け止めの使用が禁止されております。)
・水中カメラ
→ジンベイザメと水中でのツーショットを撮りたい方には必須アイテム。ツアー会社の中にはGoproの無料レンタルや無料撮影を行っている所もあるので要チェック。
・ティッシュ
→トイレにはトイレットペーパーがありません。
・防水バッグ
→ジンベイザメウォッチングの船は小さく、船に持ち込んだ持ち物は必ず濡れると考えた方がいいです。防水バッグはタオルやスマホを入れておくのに便利。

オスロブ付近のおすすめスポット

オスロブへ行ったなら一緒に訪れてほしいオスロブ近隣のおすすめスポットをご紹介します。

スミロン島


オスロブからボートで20分の距離にある離島。白い砂浜とコバルトブルーの海が非常に綺麗で、私たちが思い描く「The 南国リゾートのビーチ」といった雰囲気を楽しめる場所です。

最近人気急上昇中で「天国に一番近い島」と称されるパンダノン島よりも、スミロン島の方が天国に近いと個人的には思っています。

ツマログ滝


ここは本当にマイナスイオンで溢れています。ドクターフィッシュ体験もでき、身も心も洗われた気分になります。

真水なのでオスロブやスミロンの後のシャワー代わりに使うのもおすすめです。(笑)

シマラ教会

オスロブとセブシティの中間地点にあるカトリックの教会。「祈ると願いが叶う場所」として知られるパワースポットです。

シマラ教会のある聖母マリア像から涙が流れたという伝説から有名になり、セブ各地から大勢の人が訪れる人気スポットとなりました。

よくある質問

ジンベイザメツアーでよくある質問をまとめました。

Q.子どもも参加できますか?
A.ジンベイザメウォッチングには明確な年齢制限は設けられていません。一人で歩けるようなお子様ならジンベイザメと一緒に泳ぐことも可能です。心配であれば、泳がずに船の上からジンベイザメを見るだけのプランも選択することができます。

Q.泳げなくても大丈夫ですか?
A.泳げなくても全く問題ありません。ジンベイザメウォッチングの際にはライフジャケットの着用が義務付けられておりますし、船には掴まる棒もあります。また船には泳ぎの上手いスタッフが2名常駐し様子を確認してくれているので安心です。

Q.ジンベイザメは人を襲わないですか?
A.ジンベイザメは人を襲うことはありません。体長が10メートル以上と大きなジンベイザメですが、餌は微小プランクトンです。性格も温厚で人間に危害を与えることがないので、安心して一緒に泳ぐことができます。

Q.待ち時間はどれくらいですか?
A.当日の混み具合にもよりますが、オスロブに着いてからジンベイザメと対面するまでの待ち時間は30分〜1時間程度です。ジンベイザメツアーは非常に人気のため毎日多くの観光客で賑わっています。

Q.旅行の何日目に行くのがオススメですか?
A.旅行の中日に行くのがおすすめです。オスロブへは片道3〜4時間かかり、渋滞等でホテル到着時間が大きく遅れることも考えられます。オスロブツアーは丸1日かかると想定して、旅行の中日がおすすめです。

まとめ

ジンベイザメとこんなに間近で泳げる場所は、世界的にみても多くはありません。ましてやこんなに高確率でジンベイザメに会えるのはオスロブだけ。

ここでしかできない貴重な体験は一生の思い出になること間違いなしです。セブ島を訪れた際は、ぜひオスロブへ!

-観光スポット

Copyright© TABICHU TRAVEL , 2019 All Rights Reserved.